転職を考えているのならネット通販の求人を視野に入れよう

SITEMAP
Job Hunting & Job Change

ネット通販に携わりスキルアップを図ろう

こちらを見つめる女性

ネット通販の求人には、通販サイトのフロント業務とバックエンド業務があります。フロント業務の求人内容の仕事としては、まず商品企画があります。これはネット通販で利益を上げるために、売れる商品の企画をし、流行や季節などを考えながら商品を企画します。
また、ネット通販サイトの作成を行います。商品の写真撮影を行い、商品の登録作業を行います。商品の売れ行きを左右するとても大切な作業です。そして商品企画時の販売予測に基づいて仕入れを行います。最後に、ネット通販で集客の最大の鍵となる、プロモーションを行います。
WEBマーケティングが広告のメインとなり、一番効率の良いマーケティングは「リスティング広告」と呼ばれるものです。これは、検索結果上部に出る広告です。しかし、リスティング広告は高価なため、「SEO、ブログ施策」を行ったりもします。
ネット通販の求人内容には、バックエンド業務と呼ばれるものもあります。まず、受注処理です。受注処理後、出荷、梱包の作業に入ります。その後、出荷した商品を配送してもらう配送業者を選びます。そして、販売予測に基づいた在庫管理を行います。
ネット通販の仕事内容は様々です。通販業務に携わることにより、様々な経験を積むことが可能であり、スキルアップにつなげることができるお仕事といえるでしょう。

ネット通販の仕事の長所は何?デメリットは?

今や我々の生活に決して欠かせないものとなりつつあるネット通販。今や取り扱いサイトも多く、求人数も多くなりました。ではその通販サイト運営の仕事は、待遇は良いのか、楽なのかキツイのかなど気になる方もおられるでしょう。今回は、ネット通販サイト運営の仕事のメリット、デメリットを紹介していきます。
まずはデメリットから書いていきましょう。と言ってもデメリットは少ないです。ネット通販サイトの中には売上ノルマが課されるところもあり、それが開設したばかりのサイトであればそのノルマがキツイ場合があります。ただその点は「このサイトを自分の手で大手にして見せる」とやりごたえを感じる方もおられるでしょう。取り敢えず、どこの会社が求人を出しているか確認しましょう。
次はメリットです。まずは、採用ハードルの低さです。ネット通販の求人に応募してくる方は、同じ未経験者がほとんどです。ネット通販自体まだ新しいビジネスなのが理由だと思われます。それと、採用する前より成績など採用した後を重視する傾向もあるので、スキルなどがなくても大丈夫です。
また、転職の際にも「ネット通販サイト運営の仕事をしていた」という職歴は強い武器にもなります。営業職にしても自分の提示した商品の売上成績がそのままアピール要素になり、事務職の場合でもパソコンを使うのでそこでアピールできるのです。

地方に住んでいてもweb系の仕事は見つかる

web系の仕事と聞くと都会で働くイメージが頭に浮かんでいないでしょうか。確かに最新の技術を駆使した仕事は都市圏に多いですが、地方に住みながらweb系の仕事をすることは十分に可能です。普段はあまり意識していないだけで、実際に探してみると求人情報が見つかります。
例えば、ネット通販に関わる職場は地方にもあります。価格を比較するサイトなどで最安値のショップを訪れたとき、店舗の営業場所が意外と地方だったという経験はないでしょうか?送料などで違いが出る部分はありますが、ネット通販はある程度地域差を無視して商売ができるため、都会以外で営業している店舗も結構あるのです。
また、食品や菓子を扱う店でお取り寄せに関する業務を行う仕事も地方では見かけます。地元企業のスタッフなのであまりweb系というイメージはないかもしれませんが、具体的な仕事内容は遜色ありません。PCに関するスキルがある場合、お取り寄せページの企画をさせてもらえるチャンスもあるでしょう。
また、ネット通販の作業は遠隔で行えるものも多いです。そのため、住んでいる地域にこだわらない求人を出している企業もあります。直接指導してもらえない分、最初は戸惑うこともあるかもしれませんが、web系の仕事をしてみたいなら一度求人に申しこんでみるのもよいでしょう。

TOPICS